のりかえローンが人気が高い理由とは?

のりかえローンが人気が高い理由は大幅に低金利になる上、追加融資にも答えてくれるローンだからです。しかしのちかえローンに成功した場合、

 

 

誰しもが陥る『余裕が出来て更に借りてしまう』ということがないように『返済に専念する』ように心掛ける事が肝心です。


のりかえに最適な銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

債務者に一歩的有利な借り換えは消費者金融でも総量規制の例外になる

 

債務者に一方的有利な借り換えは消費者金融でも総量規制の例外になりますので、年収の1/3を超えて借りることができます。


ただし、この総量規制の例外を適用させた消費者金融の商品でないと年収の1/3を超えてのりかえることは出来ません

 

 

大手で言うと、

  • SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス・・・貸金業法に基づくおまとめローン
  • アコム・・・貸金業法に基づく借換え専用ローン

この二つの商品が借り換え・のりかえローンとして年収の1/3を超えてのりかえることが可能です。


 

借入額が大きくなる場合は審査に強い消費者金融に乗り換えれば借入額も大きくなるので金利も低くなりますし、なにせ審査に通らない事にはのりかえる事はできませんので。

審査に強い大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

なぜ人気?銀行のカードローンの持つ特徴とは

のりかえローンには多くの業者が様々な商品構成で展開しています。実際に展開している商品は特に銀行や消費者金融といった区別もなく、お金を融資する商品の取り扱いがあればのりかえローンもそうした商品のひとつとして展開しているようです。

 

しかし、のりかえローンの多くは消費者金融よりも銀行系カードローンが高い人気の傾向にありますが、銀行のカードローンでは消費者金融の即日融資にスピードでは負けてしまいます。

 

消費者金融の中にもアイフルの「おまとめMAX」のようにのりかえローンを商品展開しているところも決して少なくはないのですが、のりかえローンとなるとやはり銀行系を検討材料と考える人も決して少なくはありません。その理由は、

 

 

一番は年収の1/3以上消費者金融では申込めない事で、その次には金利が低いことが挙げられます。


消費者金融も最近ではかなり金利が低くなってきましたが、それでも銀行よりも低金利で利用できるところはなかなかありません。

 

 

しかし現在自己破産者の増加は銀行の貸しすぎに原因があると判断した金融庁から銀行への指導により、銀行は借り換えやおめとめローンの自主規制しており、現在では消費者金融と立場が逆転しています。


 

のりかえローンを利用するための目的としては、現在借入を受けているところよりも低い金利で借り換えキャッシングすることにより、少しでも返済を楽にしたいというものがあります。

 

そのため、実際にのりかえローンを利用したいと考える人はまず金利の面からのりかえローンを取り扱っている業者を調べるため、結果的に消費者金融ののりかえローンの場合はそのニーズに合致しない可能性が高くなるというわけでしたが、

 

 

現在では銀行は借り換え・のりかえ・おまとめを停止しているところが多く、消費者金融ののりかえローンの方にニーズが移っています


銀行が消費者金融に比べのりかえローンの分野で高い人気を持っている理由が総量規制でしたから、

 

 

総量規制では消費者金融からお金を借りる場合年収の3分の1を超えてお金を借りるということができないんでしょ?


と勘違いしていたり、総量規制の例外適用商品であれば消費者金融でも年収の1/3以上の金額をのりかえることが出来るということを知らない為、のりかえローンに消費者金融を利用せず銀行で低金利にという流れが横行していました。

 

もちろん銀行が借り換え・おまとめを受付けてくれるのなら低金利だしそれも良いかもしれませんが、現在ほとんどの銀行ではのりかえローンとしては受付けてくれませんので消費者金融の借り換え専用ローンを利用するしかありません。

東京スター銀行ののりかえローン

東京スター銀行ののりかえローンはとても低金利にローンを乗り換えられる様になっていますが、

 

 

CMを見かけなくなっていませんか?


そうです。これも自主規制により広告を控えているのです。しかし用品自体はありますので、その詳細をしっかり検証してみます。

 

東京スター銀行のスターワンバンクローン(のりかえローン)の概要

申し込み制限

年齢満20歳以上65歳未満
給与所得者である事(正社員・契約社員・派遣社員)
年収200万円以上
保証会社の保証が受けられること(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)

貸付範囲 本人に対する無担保個人向けローン(銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・信販会社・カード会社・消費者金融会社等)のローンの借り換え・おまとめ。(事業性を除く)
借入可能額 30万円以上1,000万円以下(1万円単位でおまとめ・借り換えの範囲内)
利用限度額 50万円以上300万円以下(10万円単位でおまとめ・借り換えの残高がこの範囲を下回っている場合に繰り返し利用可能)
金利 年率7.8%〜9.8%

先ず申し込み制限ですが、年齢は満20歳以上65歳未満というのはごく一般的なカードローンの年齢制限になっていますので、ここは問題はないでしょう。

 

次に給与所得者である事となっています。これは、

 

 

パート・アルバイト・学生・専業主婦の申し込みが不可能と言う意味です。


安定して継続収入を得ることのできる正社員・契約社員・派遣社員のみをのりかえローンは対象にしています。さらにこの中の低所得者を省く為に年収制限200万円以上と言うのを設定しています。

 

およそ月給17万円以上ないと申込めない仕組みになっています。借り換え対象ローンは銀行のカードローンの為制限はありませんが、上記のようなローンが借り換え対象になっています。

 

複数ある場合は東京スター銀行のスターワンバンクローン(おまとめローン)がありますので、のりかえローンでは審査が厳しいと思われます。

基本は返済専用ローン

東京スター銀行もこののりかえローンで低金利で貸すわけですから、この返済を焦げ付かせる訳にはいきません。ですので

 

 

ある程度の返済が進まないことには追加の融資はしてもらえません。


しかし返済がスムーズに進行すれば、逆にこれは優良な顧客として信用が付き、銀行側もこういった優良顧客に貸したい訳なのです。その目安となるのが利用限度額です。

 

例えば、150万円の借入をのりかえローンで借り換えたいとします。そして審査に通って利用限度額が100万円出たとします。そうなれば当初借り換え用に150万円の融資を受ける事はできますが、ローン残額(当初150万円)が利用限度額(100万円)を上回っている為追加での融資を受ける事はできません。

 

これが返済が進み残額80万円になったとすると、利用限度額100万円との差額である20万円まで追加融資を受ける事が可能になります。こうなった場合には、他のカードローンよりものりかえローンは低金利になっていますので、この範囲内の借入希望であれば追加融資を受けた方が有利な金利で借りる事ができます。

 

それまでは基本返済専用のローンでしっかり完済を目指すことになります。

2017/11/28 16:12:28 |
家計に負担は掛かりプロミスでおまとめローンを利用することにしました私の趣味はカメラです。カメラのコレクターではなく、写真を撮影することが趣味です。きっかけは、子どもの学校活動で広報係をした時でした。学校新聞を作るのに運動会の写真を撮影していたのですが、その時撮った一枚が地元の新聞に掲載され、賞をとる...
2014/06/15 03:54:15 |
子供の小学校の入学準備というのは、本当にお金がかかるなと感じてしまいます。ランドセル、制服、勉強机、ベッドなどなど、色々と必要になってしまうので、お金の部分で困ってしまいそうです。でも、これも子供が小学生へとなる時には、必要なものなので購入をしてあげなくてはいけません。とりあえずは、低金利カードロー...
2014/06/13 23:25:13 |
私の家にあるビデオカメラは、かなり古くなっています。だから、ちょっと大きくて持ち運びが不便だったりするのです。なので、これからカメラも購入を考えるようにしていかなくてはいけないなと感じているのです。ビデオカメラは、前から欲しいと思っていて見ていたのですが、最近のビデオカメラはすごく性能がいいです。だ...
2014/06/11 21:59:11 |
私は、2つの会社でキャッシングをしているのですが、金利が安い所で借り換えるのもいいのかなと考えています。やはり、金利が高いと返済をするのが大変になってしまいます。何かいいものがないのかなと探している所でした。なので、キャッシングの借り換えをしてみてもいいものなのかなと感じているのです。キャッシングも...